周囲へのリーディング




貴方の周囲にいる存在を拝見するセッションです。
守護霊、守護神の系統、そしてそれらにまたがった指導霊(ガイド)という役割を持つ存在
守護天使、憑依霊、動物霊などの存在をチェックします。

人数はひとそれぞれになります。
誰にでも守護霊さんと守護天使さん二名はいますので
最小単位で三名からお知らせすることになります。


存在の呼び名は、人によって違うようですので
私が暫定的に使用している呼び方をここで紹介しますと…

守護霊 かつて人間として生活したことのある霊で
    通常は人生の導き手であり、霊から護ったり、全般的に面倒をみてくれる方
    複数いる場合、中心となっているメインの霊を主護霊と表記しています。
    普通に守護霊さんといっても差し支えないのですが、わかりやすくしています。
    常駐の霊と、ときおりやってきてくれる守護の霊とがいます。

守護神 前世からの縁や、今生での信仰などなど、なにが理由かは分かりません。
    本人の趣味嗜好とは違った領域の方の場合もあります。
    自分という存在や自分のいたところ(霊団)に関している守護神は
    おそらく誰でも複数あると思います。
    その中でももっとも現在影響の強い守護神の系統を割り出してお伝えします。
    本人に日常的に寄り添っていない場合には系統だけになりますが
    導き手として寄り添っている場合には、名前なども聞けるときがあります。
    これは、天使だったり日本の神々の眷属であったり、聖人系、仏界と様々ですね。
    龍神、狐系(白い高級霊)などの場合もあります。

指導霊 ガイドともいいますが、本人のしている仕事などの導き手となる存在です。
    本人の仕事によって指導役は変わります。
    専門職ならかつてその仕事をしていた人だったり(元人間)
    スピリチュアル系でほかの人の人生に関わる仕事をしている人には、
    天使や神界の眷属などが指導に当たっていたりと
    領域にまたがって、その人にあった存在が指導役をかっています。
    特にいない場合も多いです。
    そのときは、現実の仕事のときには守護霊さんが見て下さってますし、
    精神的なもの、魂の成長という面については、
    ハイヤーセルフが「内在する高次の存在」として
    貴方に進むべき道をひらめきという形で示すでしょう。

その他 ペットの霊であったり、憑依霊もいます。
    霊障と感じるときに、このセッションを受けられる場合の注意点は、
    貴方が憑かれていなくても、
    土地/建物に問題があるケースもありますのでご留意ください。

    またレアですが、本人のハイヤーセルフが内在する声としてではなく
    直接、守護神のような感じで本人に寄り添って導き手になっている時もあります。
    
    パワーアニマルはその他に分類していますが、お出かけしていたり
    霊体としてのサイズが小さいときには遠視では見えにくいです。
    申し出がない限り、省いています。


霊関係の場合、知りたくない場合にはその旨お伝え下さい。
このセッションで祓うなどはしませんので、神社へお祓いにいかれるか
または相談のセッションとして別件でお受けします。


守護霊リーディングと異なる点は、守護霊リーディングは話しながら情報を貰うため
かつての仕事や、名前などを知ることができます。
そして過去生リーディングの要領で、生きていたときの様子も見てお伝えしています。
ですが、こちらのメニューはあらゆる領域にまたがって、どんな人がいるか「見るだけ」です。
なので、会話しないと分からないようなことはお伝えできません。

服装と見かけの年齢、髪型などの情報と
守護霊の人数、そして守護神の系統、そういうものが中心になるため
メールとしてはあっさり短めになると思います。
また、必要なときにやってくる霊などもいますし、
お出かけしている霊体もいますので、霊視した時点での人数とさせていただきますね。

こちらはご本人の了解がなくても、家族や恋人ぐらいでしたら
セッションを承っています。