守護天使からのメッセージ

誰にでも、守護天使がいつも側にいます。
一番近くで見守っていてくれる守護天使から
今、あなたに一番伝えたいことを聞いてきます。
ガイド(導き手)として、大天使さんがいらっしゃる時には
守護天使からではなく、大天使からのメッセージになる場合があります。
名前は相手が名乗った場合のみ、お伝えいたします。
天使は本人にしか名前を教えない場合もありますから。

守護天使は、人生の節目に交代すると、欧米などではよく言われますが
実際に交代もします。
不思議なことに、本人の成長に合わせて
縁のある守護の存在が変わったりするのです。
そして、ガイドの大天使も交代します。
それぞれの天使が、その本人に関わる部分を終えたら去り、
次のガイドがやってくることもあります。
本当に人それぞれです。

◆聞きたいことを1つお伺いします。
◆質問1つで1件というカウントになります。質問2つで2件のお申し込みになります。
◆プラス、天使が今伝えたいことがあればお伝えします。

チャネリングセッションから 1
チャネリングセッションから 2





ハイヤーセルフからのメッセージ

ハイヤーセルフは、転生を重ねて遠い将来、
高次元の存在になった将来の自分自身です。
あなた自身が、今のあなたに伝えたいこと、
今、しなければならないこと…、それをお伝えします。
中には厳しい言葉もあるかもしれません。
でもそれは将来の自分からのメッセージなのです。

ハイヤーセルフに繋ぐ時、できうる限り源に近い部分に繋ぎます。
名も、姿もない、根源に帰った貴方自身へ。
問題への対応や、過去生からのしがらみなど
問いの内容によっては、過去生の中でももっとも霊格の高い人格を伴って現れ
アドバイスをくれることがあります。

今、悩んでいることが過去生に原因があったとき
ハイヤーセルフは、その問題のあった生での人格や姿、風景を提供し
より問題を解きやすくしてくれるのです。

ハイヤーセルフはすべての過去生と、今生の流れを知り
そして源へ帰るまでの未来世も知っています。
ですが、すべての人生の中で未経験だったことは知りません。
また、未来予知で現実を曲げるようなこともしません。

ハイヤーセルフはすべての人にいます。
あなた自身に一番近い高次元の存在からのメッセージをどうぞ

◆聞きたいことを1つお伺いします。
◆質問1つで1件というカウントになります。質問2つで2件のお申し込みになります。
◆何をどうしたいのか、明確にしてお送りいただくと、より詳細な返事がくると思います。

ハイヤーセルフって何?
チャネリングセッションから




大天使チャネリング

守護天使やハイヤーセルフと異なり、貴方自身の守護ではないのですが
私のガイドである大天使にメッセージをもらうセッションです。
一緒にメールを読んで、そのときにメッセージをもらう形式になります。
なんでだか、書いていない問題に注目して、返事をしている時がありますね。
大抵は、書かれていること/顕在化していることについて
貴方へお返事を書かせていただいています。

基本的に何を聞いても答えてくれるとは思いますが
天使の立場からの答えになります。

◆聞きたいことを1つお伺いします。
◆質問1つで1件というカウントになります。質問2つで2件のお申し込みになります。
◆何をどうしたいのか、明確にしてお送りいただくと、より詳細な返事がくると思います。





相談のためのチャネリング

今、貴方が抱えている問題をひとつだけ、お聞きします。
周囲の存在や状況をリーディング(霊視)しつつ
それに対しての解決策を守護天使やハイヤーセルフ、
その他の高次の方にお聞きしたります。
または過去生に遡って問題の原因を追及することもあります。
こちらは結果を、すべて私の言葉でお伝えします。
高次の存在の言葉をそのまま受け取りたい場合には、上記のチャネリングでお願いしますね。

一つの問題に対して、様々な方向から検討して分析していくセッションになります。
上記のチャネリングと異なるのは、高次の目線からのアドバイスだけでは、
どうしても現実的な問題など解決しにくいものがあります。
そういう問題を一緒にほどいていけるようにするメニューですので
堅苦しく考えずに、現実問題でもなんでも聞いていただけます。
高次の存在が答えないような内容でも、リーディングなどで拝見します。

こちらは、先に打ち合わせをして、お受けできるか検討します。
ただし…アドバイスを生かして、行動し、現実を変えるのは貴方です。

◆解決できなそうな場合には、お断りする場合もあります。
◆10日間経過した後の追加やりとりは再度新規でお申し込みください。
◆相談者本人が気持ちを込めてメールをお書きください。
 代筆ではリーディングの精度が落ちます。
 メールから本人の状態を読み、適切なアドバイスを探します。




【お願い】
◆精神系の病で通院されている方のセッションはお引きうけできません。
 ただし、明らかに霊障とおぼしきものがある場合、霊視をお引き受けします。
◆ご自分以外の方のセッションの場合は、必ずその方の許可を取って下さい。
 相談の場合には、ご本人がメールを書いてください。
◆病気・障害や人の生死に関することは、一切お聞きできません。
◆他の方のセッション内容をベースにした相談はお受けしません。
 同業者への審神、ジャッジになるようなことはマナー違反です。
◆鑑定は鑑定だけであり、除霊などは基本的にしません。

◆占い感覚で未来が知りたい、という場合には、あまり返事が来ません。
 ご自身が成長するための“アドバイス”を求める方に。
◆セッションにおける特定の宗教団体、政治団体のお話はお断りします。
◇よく分からないときには、とりあえず相談してみてください。気軽に返事します。笑